オーナーブログ|浮気調査の大阪・ヴィダモール調査事務所

ストップ浮気 不倫 ロゴ

お問合せ

電話番号

othermainimg

オーナーブログ

全てのブログを見る

浮気調査依頼 「家庭内別居だから浮気にはならない」という浮気夫の主張

【投稿日:2017/01/12】

ヴィダモール調査事務所 尾崎 友美です。

いつもオーナーブログをお読み頂きありがとうございます。

 

 

浮気している夫と話し合いを夫婦間で持ったら

「とっくに夫婦の間は冷めている。 家庭内別居じゃないか。交際相手がいて何が悪い?」

と逆切れした夫。

 

     o0450030013328266301

 

 

家庭内別居」ってどんな状態でしょうね・・・

基準は個人的な考え方によって多少変わるのかもしれないです。

 

たとえばですが・・・

平日  毎日夫が仕事で帰宅が遅いから食事は家族と夫は別々

休日  妻を車に乗せてスーパーに買出しに行ってついでに一緒に外食する

 

 

こんな状態でも「家庭内別居」と言う方もいましたが、明らかに違いますね。

家庭内別居の夫婦は一緒に「生活のための買い物」には行かないと思います。

 

 

寝食が全く別(寝室に鍵をかけている等)

会話もない(しても必要な事だけをメモやライン、メールでする)

こんな状態が長く続いていれば、確かに「家庭内別居」と言えるのかもしれません。

 

でも、家庭内別居という定義は法律にはないし曖昧なのは事実ですね。

 

 

こんな場合には出来るだけ早く浮気調査を実施して、確かな証拠を掴んでおく

ことが望まれます。 そして「浮気相手」がどこの誰でどんな人物なのか?

という事も知っておいたほうが有利であると考えます。

 

 

もし離婚になる場合・・・・

調停離婚は長引く場合が多いですし精神的にも大変です。

 

o04000267gf0110438714w-400x267

 

 

少しでも有利に進められるように「攻め」の姿勢でいる

相手に何を言われても「受けてたつ!」

位の気持ちでいたいものです。

 

smart

 

 

 

私は法律のアドバイスは出来ませんが、ご希望があれば弁護士、司法書士、

社労士などの専門家のご紹介もさせていただき、私もご同行いたします。

 

IMG_1670

 

安心してご相談下さいね。

 

調査に関するご相談は無料です(要予約)。

フリーダイヤル、お問い合わせまで宜しくお願い致します。

 

 

メールお問合せ

電話お問合せ

PAGE TOP